エイジングケアに欠かせない成分

高保湿クリームを徹底比較した当サイトでは、セラミドを最重要成分として保湿クリーム選びの軸と考えてランキングを構成してきました。では、セラミド意外にもどのような成分がエイジングケアに効果を期待できるのでしょうか?このコラムでは、セラミド以外の耳にする機会の多い3つのエイジングケア成分を取り上げ、その効果について解説します。

プラセンタ

プラセンタとは英語で「胎盤」を意味し、主に動物の胎盤から抽出される成分を指します。
化粧品に使用されるプラセンタは豚・馬の胎盤から抽出された成分が主に用いられます。
しかし、近年では動物の胎盤を使用した化粧品への抵抗感から、海洋性プラセンタと呼ばれる鮭の卵巣外皮に由来するプラセンタも開発され、こちらの海洋性プラセンタも動物由来プラセンタに劣らない効果が期待できることが分かってきました。
さらに植物の種子を培う胎座という器官から抽出したエキスを用いる植物性プラセンタが使用されている化粧品もあり、広がりを見せています。
このプラセンタはひとつの成分を指して用いられるのではなく、胎盤に含まれているたくさんの成分をまとめて表します。

プラセンタのエイジングケア効果

動物由来のプラセンタは胎児の成長のためのミネラルやアミノ酸、ビタミンなどを豊富に含んでいるため、保湿効果、めぐりを良くするなどの効果が期待できます。海洋性プラセンタも同様の効果が期待できますが、植物性プラセンタは動物・海洋性プラセンタよりは効果が薄いようです。プラセンタに含まれる成長因子が肌をリフレッシュさせて、加齢に伴うシミ・そばかす対策として、また美白化粧品として多く用いられています。

プラセンタ

プラセンタとは英語で「胎盤」を意味し、主に動物の胎盤から抽出される成分を指します。
化粧品に使用されるプラセンタは豚・馬の胎盤から抽出された成分が主に用いられます。
しかし、近年では動物の胎盤を使用した化粧品への抵抗感から、海洋性プラセンタと呼ばれる鮭の卵巣外皮に由来するプラセンタも開発され、こちらの海洋性プラセンタも動物由来プラセンタに劣らない効果が期待できることが分かってきました。
さらに植物の種子を培う胎座という器官から抽出したエキスを用いる植物性プラセンタが使用されている化粧品もあり、広がりを見せています。
このプラセンタはひとつの成分を指して用いられるのではなく、胎盤に含まれているたくさんの成分をまとめて表します。

プラセンタのエイジングケア効果

動物由来のプラセンタは胎児の成長のためのミネラルやアミノ酸、ビタミンなどを豊富に含んでいるため、保湿効果、めぐりを良くするなどの効果が期待できます。海洋性プラセンタも同様の効果が期待できますが、植物性プラセンタは動物・海洋性プラセンタよりは効果が薄いようです。プラセンタに含まれる成長因子が肌をリフレッシュさせて、加齢に伴うシミ・そばかす対策として、また美白化粧品として多く用いられています。


コラーゲン

コラーゲンはもともと私たちの肌を含め、動物の真皮、骨、軟骨などに含まれている成分です。そしてその主成分はアミノ酸で構成されています。また、コラーゲンには約30種類のタイプが存在することが知られています。コラーゲンは真皮の中にある線維芽細胞によって作られており、化粧品に含まれるコラーゲンが直接真皮まで到達してコラーゲンを増やすわけではありません。最近では再生医療によってヒト幹細胞培養液を用いてこの線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの産生を促す化粧品も登場していますが、化粧品に含まれるコラーゲンは主に動物または魚由来のものが使用されています。

コラーゲンのエイジングケア効果

化粧品に含まれるコラーゲンは肌の奥深く真皮まで入っていくことは期待できません。なぜならコラーゲンの分子が大きすぎるためそこまで浸透できないからです。そのため、コラーゲンは主に保湿効果を目的としてエイジングケア化粧品で用いられています。しっかり保湿することで肌のバリア機能が向上し、肌のターンオーバーを整える、またナノ化されたコラーゲンは角質まで到達してラメラ構造の間に水を抱え込んで保湿することも期待できます。

コラーゲン

コラーゲンはもともと私たちの肌を含め、動物の真皮、骨、軟骨などに含まれている成分です。そしてその主成分はアミノ酸で構成されています。また、コラーゲンには約30種類のタイプが存在することが知られています。コラーゲンは真皮の中にある線維芽細胞によって作られており、化粧品に含まれるコラーゲンが直接真皮まで到達してコラーゲンを増やすわけではありません。最近では再生医療によってヒト幹細胞培養液を用いてこの線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの産生を促す化粧品も登場していますが、化粧品に含まれるコラーゲンは主に動物または魚由来のものが使用されています。

コラーゲンのエイジングケア効果

化粧品に含まれるコラーゲンは肌の奥深く真皮まで入っていくことは期待できません。なぜならコラーゲンの分子が大きすぎるためそこまで浸透できないからです。そのため、コラーゲンは主に保湿効果を目的としてエイジングケア化粧品で用いられています。しっかり保湿することで肌のバリア機能が向上し、肌のターンオーバーを整える、またナノ化されたコラーゲンは角質まで到達してラメラ構造の間に水を抱え込んで保湿することも期待できます。


ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は私たちの中にももともと存在している成分で、通常大きな分子を構成しています。赤ちゃんのお肌がとってもプルプルなのは赤ちゃんの肌にヒアルロン酸がたくさん含まれているからです。このヒアルロン酸はたった1gで2~6Lの保水力があると言われ、水に触れるとネバネバする性質を持っています。化粧品で使用されているヒアルロン酸は私たちの皮膚にあるヒアルロン酸とは基本的に異なり、ヒアルロン酸ナトリウムを指しています。このヒアルロン酸ナトリウムは以前は鶏のトサカから抽出された物が一般的でしたが、現在では乳酸菌などの発酵作用を利用した方法で製造されており、比較的安価な化粧品成分となっています。

ヒアルロン酸のエイジングケア効果

最も一般的に化粧品で用いられるヒアルロン酸ナトリウムは分子が大きいため、角質の奥まで浸透することはできません。そのためコラーゲンと同じく肌の表面の保湿をサポートし、バリア機能を高める目的で主に使用されます。保湿力が高いため、乾燥肌やそれを原因としたシミ、くすみ、小じわ対策としても広く利用されています。ヒアルロン酸ナトリウムは刺激が少なく肌質を選ばないため、エイジングケアにはとても適した保湿成分といえます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は私たちの中にももともと存在している成分で、通常大きな分子を構成しています。赤ちゃんのお肌がとってもプルプルなのは赤ちゃんの肌にヒアルロン酸がたくさん含まれているからです。このヒアルロン酸はたった1gで2~6Lの保水力があると言われ、水に触れるとネバネバする性質を持っています。化粧品で使用されているヒアルロン酸は私たちの皮膚にあるヒアルロン酸とは基本的に異なり、ヒアルロン酸ナトリウムを指しています。このヒアルロン酸ナトリウムは以前は鶏のトサカから抽出された物が一般的でしたが、現在では乳酸菌などの発酵作用を利用した方法で製造されており、比較的安価な化粧品成分となっています。

ヒアルロン酸のエイジングケア効果

最も一般的に化粧品で用いられるヒアルロン酸ナトリウムは分子が大きいため、角質の奥まで浸透することはできません。そのためコラーゲンと同じく肌の表面の保湿をサポートし、バリア機能を高める目的で主に使用されます。保湿力が高いため、乾燥肌やそれを原因としたシミ、くすみ、小じわ対策としても広く利用されています。ヒアルロン酸ナトリウムは刺激が少なく肌質を選ばないため、エイジングケアにはとても適した保湿成分といえます。