ラメラ構造を構成する「セラミド」と正しいスキンケア

お肌のラメラ構造を整え、外的刺激から守ってくれるセラミドはぜひ取り入れて行きたいものですね!しかし、セラミドはもともと私たちの肌に存在している成分です。高保湿クリームでセラミドを補給するとともに、今あるセラミドを減らさないためにはどうすれば良いのでしょうか?
このコラムではセラミドが減ってしまう原因と正しいスキンケアをそれぞれ3つご紹介します。

毎日の洗顔

毎日の洗顔はだれにとっても欠かせないはず。
しかし、もしかするとその洗顔方法が原因でセラミドがどんどん失われてしまっているかもしれません。お肌がテカったりベトついたりするのは誰にとっても嫌なものですよね。
しかし、油分を落としたいからといってクレンジング力の強い洗顔料を使い続けたり、ダブル洗顔を習慣としていると、お肌に必要な油分まで洗い流してしまっているかもしれません。
また洗顔の際の水温にも注意が必要です。
お湯で洗顔すると洗い心地が良いように感じますが、クレンジングによってセラミドも一緒に洗い流してしまっているかもしれないのです。同様の理由でお風呂に入る時にも熱いお湯に長い時間浸かるとセラミドを減らす原因となってしまう可能性があります。

正しいスキンケア

セラミドは肌の最上部、角質層でラメラ構造を形成する細胞内脂質の成分です。そのため繰り返しの洗顔はセラミドを落とし過ぎてしまう可能性があります。洗顔料は自然素材のものを中心としてクレンジング力が強すぎるものは避けましょう。また使用する化粧品もダブル洗顔が必要となるものは避けた方が良いでしょう。
洗顔の際の水温は人肌程度を上限として、セラミドを一緒に洗い流さないようにすることが大切です。

毎日の洗顔

毎日の洗顔はだれにとっても欠かせないはず。
しかし、もしかするとその洗顔方法が原因でセラミドがどんどん失われてしまっているかもしれません。お肌がテカったりベトついたりするのは誰にとっても嫌なものですよね。
しかし、油分を落としたいからといってクレンジング力の強い洗顔料を使い続けたり、ダブル洗顔を習慣としていると、お肌に必要な油分まで洗い流してしまっているかもしれません。
また洗顔の際の水温にも注意が必要です。
お湯で洗顔すると洗い心地が良いように感じますが、クレンジングによってセラミドも一緒に洗い流してしまっているかもしれないのです。同様の理由でお風呂に入る時にも熱いお湯に長い時間浸かるとセラミドを減らす原因となってしまう可能性があります。

正しいスキンケア

セラミドは肌の最上部、角質層でラメラ構造を形成する細胞内脂質の成分です。そのため繰り返しの洗顔はセラミドを落とし過ぎてしまう可能性があります。洗顔料は自然素材のものを中心としてクレンジング力が強すぎるものは避けましょう。また使用する化粧品もダブル洗顔が必要となるものは避けた方が良いでしょう。
洗顔の際の水温は人肌程度を上限として、セラミドを一緒に洗い流さないようにすることが大切です。


毎日の生活習慣

夜型の生活習慣や食事の栄養バランスが崩れてしまうと、肌のターンオーバーが乱れて新たにセラミドが作られにくくなってしまいます。ストレスなども溜めこんでしまうとターンオーバーに影響が出るため、なるべく考えすぎないようにすることも大切ですね♪

正しいスキンケア

正しいスキンケアというわけではありませんが…やはり生活習慣ストレスという点では規則正しい生活を送ることが一番です。食事に関しては一日三食をしっかり食べることに加えて、セラミドを増やす食物を積極的に食べることも効果的です。セラミドは動物の骨や脊髄、米、小麦、こんにゃくなどにも含まれています。セラミドを含んだ食物を食べるとそれが吸収されてスフィンゴシンという成分に分解されます。このスフィンゴシンが角質層に作用してセラミドが作り出され、新たなバリア層を作り出してくれるわけです。規則正しい生活とバランスの良い食事がやはり正しいスキンケアの基礎となります。

毎日の生活習慣

夜型の生活習慣や食事の栄養バランスが崩れてしまうと、肌のターンオーバーが乱れて新たにセラミドが作られにくくなってしまいます。ストレスなども溜めこんでしまうとターンオーバーに影響が出るため、なるべく考えすぎないようにすることも大切ですね♪

正しいスキンケア

正しいスキンケアというわけではありませんが…やはり生活習慣ストレスという点では規則正しい生活を送ることが一番です。食事に関しては一日三食をしっかり食べることに加えて、セラミドを増やす食物を積極的に食べることも効果的です。セラミドは動物の骨や脊髄、米、小麦、こんにゃくなどにも含まれています。セラミドを含んだ食物を食べるとそれが吸収されてスフィンゴシンという成分に分解されます。このスフィンゴシンが角質層に作用してセラミドが作り出され、新たなバリア層を作り出してくれるわけです。規則正しい生活とバランスの良い食事がやはり正しいスキンケアの基礎となります。


加齢によるセラミドの減少

セラミドの生成は20歳ごろを境にだんだんと減少し始め、個人差はありますが40歳を過ぎるとさらに減少すると言われています。これは誰にも共通することなので、しっかりと補っていく対策をとることが大切でしょう。

正しいスキンケア

規則正しい生活とバランスの良い食事によって減少速度を遅らせることはできても、加齢によるセラミドの減少を止めることはできません。ここはやはり正しいスキンケアを選択することで対処するのが最善です。

保湿クリーム選びとしては…
1、 人肌のラメラ構造を再現したヒト型セラミドを含む商品
2、 評価実績があり、信頼できる商品
3、 自分に合うものか試しやすく、続けやすい商品
を選ぶことが大切です。

当サイトでは、これらの条件に合った高保湿クリームをランキング形式でご紹介しています。
5つの部門別ランキングも用意していますので、気になるポイントをチェックしてみてください♪

加齢によるセラミドの減少

セラミドの生成は20歳ごろを境にだんだんと減少し始め、個人差はありますが40歳を過ぎるとさらに減少すると言われています。これは誰にも共通することなので、しっかりと補っていく対策をとることが大切でしょう。

正しいスキンケア

規則正しい生活とバランスの良い食事によって減少速度を遅らせることはできても、加齢によるセラミドの減少を止めることはできません。ここはやはり正しいスキンケアを選択することで対処するのが最善です。

保湿クリーム選びとしては…
1、 人肌のラメラ構造を再現したヒト型セラミドを含む商品
2、 評価実績があり、信頼できる商品
3、 自分に合うものか試しやすく、続けやすい商品
を選ぶことが大切です。

当サイトでは、これらの条件に合った高保湿クリームをランキング形式でご紹介しています。
5つの部門別ランキングも用意していますので、気になるポイントをチェックしてみてください♪