ラメラ構造を構成する「セラミド」とは?

角質層の中で油分と水分の層が織り成すラメラ構造。NMF(天然保湿因子)がしっかり水分を保ち、蓋をして水分蒸発を防いでくれるのが油分の層を構成する「セラミド」です。
セラミドとはどんな成分なのでしょうか?また、他の化粧品成分とはどのように異なっているのでしょうか?

セラミドとは?

セラミドは私たちの肌の最上部、角質層にある油分であり、細胞と細胞のすき間を埋めて水分が蒸発するのを防いでくれる保湿成分です。このセラミドは細胞間脂質の約50%を占める成分で、肌のバリア機能の要とも言える成分です。また、もともと肌の角質層に存在する成分であるため安全性も高く、肌が敏感な方でも使用しやすい化粧品成分です。

化粧品に配合されているセラミドにはいくつかの種類があり、人肌にあったものを選ぶためには保湿力が高く、刺激が少ない「ヒト型セラミド」を選ぶのが一番です。ヒト型セラミドは構造が肌に存在するセラミドと同じため、皮膚の奥深くまで浸透しやすいという特徴を持っています。天然セラミドや動物性セラミドと呼ばれるものは、馬などの動物由来のセラミドで高い保湿力を持ちますが価格的には高額になります。疑似セラミドと呼ばれるセラミドはヒト型セラミドを真似て石油成分から化学合成されたもので安価ですが安全面では不安があり、特に敏感肌の方にはおすすめできません。安価な保湿クリームの場合、この疑似セラミドが成分のほとんどを占めている場合もありますので、注意が必要です。他にも植物系セラミドやミルクセラミドなどがありますが、いずれも浸透力や保湿力の点でヒト型セラミドには及びません。

セラミドとは?

セラミドは私たちの肌の最上部、角質層にある油分であり、細胞と細胞のすき間を埋めて水分が蒸発するのを防いでくれる保湿成分です。このセラミドは細胞間脂質の約50%を占める成分で、肌のバリア機能の要とも言える成分です。また、もともと肌の角質層に存在する成分であるため安全性も高く、肌が敏感な方でも使用しやすい化粧品成分です。

化粧品に配合されているセラミドにはいくつかの種類があり、人肌にあったものを選ぶためには保湿力が高く、刺激が少ない「ヒト型セラミド」を選ぶのが一番です。ヒト型セラミドは構造が肌に存在するセラミドと同じため、皮膚の奥深くまで浸透しやすいという特徴を持っています。天然セラミドや動物性セラミドと呼ばれるものは、馬などの動物由来のセラミドで高い保湿力を持ちますが価格的には高額になります。疑似セラミドと呼ばれるセラミドはヒト型セラミドを真似て石油成分から化学合成されたもので安価ですが安全面では不安があり、特に敏感肌の方にはおすすめできません。安価な保湿クリームの場合、この疑似セラミドが成分のほとんどを占めている場合もありますので、注意が必要です。他にも植物系セラミドやミルクセラミドなどがありますが、いずれも浸透力や保湿力の点でヒト型セラミドには及びません。


コラーゲンやヒアルロン酸とは何が違う?

美容成分としてよく耳にするのは、コラーゲンやヒアルロン酸ではないでしょうか?ではセラミドはコラーゲンやヒアルロン酸とはどのように異なるのでしょうか?

コラーゲンやヒアルロン酸は角質層内で水分としっかり結びついて肌から蒸発するのを防いでくれる働きをする化粧品成分です。外部の水分を吸収して取り込むNMF(天然保湿因子)よりは高い保湿力がありますが、セラミドと比較すると保湿力は劣ります。なぜなら、そもそもセラミドが形成するラメラ構造が崩れてしまうと細胞間にすき間ができてしまい、コラーゲンやヒアルロン酸の働きが低下してしまうためです。

肌のバランスを保つためには、セラミドによるラメラ構造を保ち、その間に水分をしっかりため込むコラーゲンやヒアルロン酸、NMF(天然保湿因子)を取り入れることが大切です。

コラーゲンやヒアルロン酸とは何が違う?

美容成分としてよく耳にするのは、コラーゲンやヒアルロン酸ではないでしょうか?ではセラミドはコラーゲンやヒアルロン酸とはどのように異なるのでしょうか?

コラーゲンやヒアルロン酸は角質層内で水分としっかり結びついて肌から蒸発するのを防いでくれる働きをする化粧品成分です。外部の水分を吸収して取り込むNMF(天然保湿因子)よりは高い保湿力がありますが、セラミドと比較すると保湿力は劣ります。なぜなら、そもそもセラミドが形成するラメラ構造が崩れてしまうと細胞間にすき間ができてしまい、コラーゲンやヒアルロン酸の働きが低下してしまうためです。

肌のバランスを保つためには、セラミドによるラメラ構造を保ち、その間に水分をしっかりため込むコラーゲンやヒアルロン酸、NMF(天然保湿因子)を取り入れることが大切です。


セラミドの効果的な取り入れ方

セラミドを効果的に肌に浸透させるには、クリームタイプが一番です。
セラミドはそもそも油に溶けやすい油溶性の成分ですので、基礎化粧品の中でも油分の高いクリームで取り入れるのがもっとも良い方法です。

高保湿クリームを選ぶ際にはセラミドの種類や配合率を調べるとともに、自分のお好みの固さを選ぶようにしましょう♪

セラミドの効果的な取り入れ方

セラミドを効果的に肌に浸透させるには、クリームタイプが一番です。
セラミドはそもそも油に溶けやすい油溶性の成分ですので、基礎化粧品の中でも油分の高いクリームで取り入れるのがもっとも良い方法です。

高保湿クリームを選ぶ際にはセラミドの種類や配合率を調べるとともに、自分のお好みの固さを選ぶようにしましょう♪