乾燥・小じわ・敏感肌に関係のある「ラメラ構造」について

多くの方がお肌の悩みとして挙げる乾燥・小ジワ・敏感肌。
肌トラブルとしての表れ方はそれぞれ異なっていても、実は共通して関係しているのは肌のラメラ構造でした。このページではラメラ構造について解説し、肌トラブルとの関係メカニズムをご説明しています。

ラメラ構造とは?

私たちの皮膚は表皮、真皮、皮下組織から構成されており、その中でも最上部に位置する表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層からできています。とても繊細で複雑な構造ですが、その中でもラメラ構造は特に私たちの肌の最上部、角質層を構成している油分と水分が重なり合った層のことです。この角質細胞内の細胞間脂質を成しているのがセラミドで、そのセラミドが層となって間に水分をため込んでいる構造がラメラ構造というわけです。

人間の肌の構造はとても複雑で、とりわけメイクが必要となる部分は外部との接触も多くとても繊細です。このラメラ構造がしっかりと形成されており、水分の蒸発が防げている状態であればお肌は水分をしっかりと保ちハリツヤをキープすることができます。しかし、紫外線などの外部ストレスや年齢を重ねることでこのラメラ構造が崩れ、油分の層の間にすき間ができるとそこから水分がどんどん蒸発していってしまうのです。

ラメラ構造とは?

私たちの皮膚は表皮、真皮、皮下組織から構成されており、その中でも最上部に位置する表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層からできています。とても繊細で複雑な構造ですが、その中でもラメラ構造は特に私たちの肌の最上部、角質層を構成している油分と水分が重なり合った層のことです。この角質細胞内の細胞間脂質を成しているのがセラミドで、そのセラミドが層となって間に水分をため込んでいる構造がラメラ構造というわけです。

人間の肌の構造はとても複雑で、とりわけメイクが必要となる部分は外部との接触も多くとても繊細です。このラメラ構造がしっかりと形成されており、水分の蒸発が防げている状態であればお肌は水分をしっかりと保ちハリツヤをキープすることができます。しかし、紫外線などの外部ストレスや年齢を重ねることでこのラメラ構造が崩れ、油分の層の間にすき間ができるとそこから水分がどんどん蒸発していってしまうのです。


ラメラ構造が崩れるとどうなる?

油分と水分の絶妙なバランスで構成されるラメラ構造が崩れてしまうとどのようなことが起きるのでしょうか?角質内のNMF(天然保湿因子)はラメラ構造に守られていることで水分をたっぷりと保持することが出来ています。しかし、このバリア機能が崩れてしまうとNMFは水分を保持できなくなり、乾燥肌や小ジワなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。また、バリア機能が崩れることで肌が紫外線や化学物質などの外的ダメージを受けやすくなってしまい、シミやたるみ、敏感肌や赤みなどの肌トラブルが起きることもあります。

つまり、様々な肌トラブルの原因を解決するためにはラメラ構造の改善がとても大切になってくるのです。

ラメラ構造が崩れるとどうなる?

油分と水分の絶妙なバランスで構成されるラメラ構造が崩れてしまうとどのようなことが起きるのでしょうか?角質内のNMF(天然保湿因子)はラメラ構造に守られていることで水分をたっぷりと保持することが出来ています。しかし、このバリア機能が崩れてしまうとNMFは水分を保持できなくなり、乾燥肌や小ジワなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。また、バリア機能が崩れることで肌が紫外線や化学物質などの外的ダメージを受けやすくなってしまい、シミやたるみ、敏感肌や赤みなどの肌トラブルが起きることもあります。

つまり、様々な肌トラブルの原因を解決するためにはラメラ構造の改善がとても大切になってくるのです。


ラメラ構造と化粧品開発の歴史

このように肌バランスを保つ上で非常に重要な役割を果たしているラメラ構造ですが、化粧品としての応用には非常に長い時間がかかりました。これまでも長い研究期間を経て、ハリツヤを保つための成分が多く発見されてきましたが、最大の課題はそれらの成分をどのように角質の奥深くまで浸透させるかという点でした。角質細胞の大きさはナノレベル。一方で化粧品で用いられる成分の多くはマイクロレベルの大きさであり、角質深くまで浸透するには大きすぎたのです。そこで、よく耳にする成分のナノ化の研究が始まり、2000年代には多くのナノ化粧品が発売されました。

しかし、ナノレベルの成分も角質との構造が異なると肌に浸透できず、すぐに蒸発してしまうことが分かってきました。そこで注目されたのが、ラメラ構造だったのです。ナノレベルまで小さくした成分を人肌と同じラメラ構造にすることによって、肌の奥深くまでしっかり浸透させることができるようになったのです。成分のナノ化に加えてラメラ構造まで再現した化粧品は長年の化粧品開発の集大成と言えるでしょう。

ラメラ構造と化粧品開発の歴史

このように肌バランスを保つ上で非常に重要な役割を果たしているラメラ構造ですが、化粧品としての応用には非常に長い時間がかかりました。これまでも長い研究期間を経て、ハリツヤを保つための成分が多く発見されてきましたが、最大の課題はそれらの成分をどのように角質の奥深くまで浸透させるかという点でした。角質細胞の大きさはナノレベル。一方で化粧品で用いられる成分の多くはマイクロレベルの大きさであり、角質深くまで浸透するには大きすぎたのです。そこで、よく耳にする成分のナノ化の研究が始まり、2000年代には多くのナノ化粧品が発売されました。

しかし、ナノレベルの成分も角質との構造が異なると肌に浸透できず、すぐに蒸発してしまうことが分かってきました。そこで注目されたのが、ラメラ構造だったのです。ナノレベルまで小さくした成分を人肌と同じラメラ構造にすることによって、肌の奥深くまでしっかり浸透させることができるようになったのです。成分のナノ化に加えてラメラ構造まで再現した化粧品は長年の化粧品開発の集大成と言えるでしょう。